電子国家・エストニアの事例が学べる

GovTechと未来

時間:1日8時間 形式:オンライン

​お申し込みはこちら

GovTechとは?

Government

Technology

+

GovTechとは、Government Technologyの略称であり、政府や行政がテクノロジーを活用することで、より良い公的サービスの提供を目指すことをさします。

 

日本では、行政手続きの9割をデジタル化することを目標にした「デジタル・ガバメント実行計画(*1)」が進んでおり、デジタル化により業務を効率化することで、利便性の高い行政サービスが提供されることが期待されています。

 

ただし、GovTechは政府や行政がデジタル化することのみをさすわけではなく、テクノロジーが行政と民間企業の橋渡し役となることで、連携をスムーズにし、新しいエコシステムを創出します。

つまりは、民間企業もユーザーに対してより利便性の高いサービス提供が実現すると共に、新たな事業を創出する機会となります。事業運用上のコストに関しても大幅に削減されることが期待されます。

GovTechにおける民間企業の役割は大きく、民間企業側から官民連携を推し進めるべく、生活に根ざした社会インフラになりえるような事業開発が望まれています。

こんな人にオススメ

Point 01

経営企画・新規事業部・研究開発(R&D)など

先進技術を

推進する立場の方

Point 03

新時代の教養として

GovTechやデジタルIDを

理解したい方

Point 02

これからの行政の動向を

技術的な背景も含め

理解したい方

Point 04

 事業担当者として

現在、DXに

取り組んでいる方

研修概要

  1. GovTechとはなにか

  2. 電子国家エストニアってどんな国?

  3. デジタルIDで変わること

  4. エストニアの電子政府サービスの事例紹介

  5. デジタルIDとマイナンバーカード

  6. 信用コストと社会

  7. 信用コストを下げる技術「ブロックチェーン」

  8. 日本の電子政府化への取り組み

  9. GovTechと民間の連携

\ お申し込みはこちら /

受講後の姿

01

GovTechやデジタルIDの概要について理解できる

02

エストニアの電子政府の取り組みの具体を理解できる

03

よりデジタル化された社会において自社の企画を生み出せる

04

最新技術(ブロックチェーン)に関する知識が身に付く

講師紹介

株式会社TART ​代表取締役

髙瀬 俊明

2016年からブロックチェーンの事業開発を開始。エストニアの企業にて、イーサリアムのウォレット制作やマイニングファームの構築を行う。2018年からは日本国内において、ブロックチェーンの開発業務を担当。現在は、ブロックチェーン技術の教育事業を推進。

​開催スケジュール

電子国家・エストニアの事例が学べる

GovTechと未来

受講料金

60,000円(税抜)

オンラインによる受講となります。パソコンは各自ご用意いただきます。最少催行人数に満たない場合、キャンセルとなる場合があります。中止の場合のみご連絡差し上げます。

 

\ お申し込みはこちら /

ブロックチェーン

ビジネスコース

スマートコントラクト

コース